<=前頁      次頁=>

2018年06月29日
= タンガロイ =
新ろう付け形状CBNインサート『ウェイビージョイントCBN』のインサート形状を拡充

2018年06月29日
= タンガロイ =
高強度直角肩削りカッタ『DoRec』(ドゥ・レック)多機能インサート拡充

2018年6月25日
= 大昭和精機 =
防振機構内蔵 スマートダンパー特長ページを掲載しました。

2018年06月18日
= タンガロイ =
新鋼旋削加工用コーティングサーメット材種『AT9530』発売

2018年06月15日
= タンガロイ =
溝入れ加工用工具 『溝入れ加工用PVD材種AH7025の拡充と高能率加工用ブレーカDTM形の発売』

2018年6月15日
= 三菱マテリアル =
難削材旋削加工用インサート材種“MP9000/MT9000シリーズ”にポジティブインサートのアイテムを追加発売

2018.06.15
= 京セラ =
CA025P / GBF / GBA レパートリー拡大しました

2018.06.15
= 京セラ =
高圧クーラント対応ホルダ 自動盤用 JCT シリーズ 登場

2018年06月11日
= タンガロイ =
溝入れ加工用工具『TungModularsystem(タングモジュラーシステム)』 および高圧クーラント対応ホルダの発売

2018.06.05
= 京セラ =
メルマガ配信終了のお知らせ

2018.06.01
= OSG =
価格改定に伴うデジタルカタログ対応について

2018年6月1日
= 三菱マテリアル =
センタリング・面取り加工用超硬ドリル“リーディングドリルシリーズ”「DLE」を発売

2018年6月1日
= 三菱マテリアル =
焼結合金・鋳鉄加工用CBN材種「MB4120」を発売

2018年6月
= ダイジェット =
座ぐり加工用『TAタイラーモジュラーヘッド』・先端180°フラットの刃先交換式座ぐり加工用ドリル「TAタイラードリル」のモジュラータイプ。豊富なバリエーションのオール超硬シャンクアーバ「頑固一徹」との組合せにより突出しの長い加工にも対応。
・プレス金型や大型構造物のボルト座ぐり穴加工や干渉物を考慮した座面への加工に最適。
・傾斜面や円筒面など不安定な被削材形状への座ぐり・穴あけ加工や交差穴加工を下穴なしの状態からノンステップで行なえる。
・インサート材種はPVDコーティング材種「JC7550」を採用、独自の内部給油方式でプリハードン鋼やステンレス鋼でも長寿命化を実現。

2018年6月
= ダイジェット =
高能率加工用工具『QM マックス』肩削り用インサートをシリーズ追加・黒皮級でありながら底面・側面の中仕上げ~仕上げ加工まで可能。鋼用・アルミ用・チタン用と用途別にラインナップし、併せてコーナR サイズも拡張。
・インサートの切れ刃形状を最適化することにより、ピックの重なり部が滑らかになり、かつ、側面たおれ量0.01ミリ以下を実現(被削材S50C、Zピック3ミリ加工時)。
・インサート材種は既存のDH102、JC8118、CX75に加え、新PVDコーティング材種JC7518およびノンコートFC18を新たに採用。炭素鋼からプリハードン鋼、焼入れ鋼、ステンレス鋼、チタン合金、アルミニウム合金まで幅広い被削材に対応。

2018年6月
= ダイジェット =
高速・高能率加工用カッタ『SKS エクストリーム』に少刃数タイプおよびインサート新材種を追加・現行のSKS エクストリームの刃数を1つ減らすことで切削抵抗を下げ、切りくずポケット広さを確保することにより切りくず排出性も向上。
・軸方向切込みは最大3ミリで1刃当たりの送り2ミリの高送り加工が可能。
・インサートは両面6コーナ使用可能で経済的。
・インサート厚みを7.5ミリと厚くすることで断面強度は従来品比1.5倍と高剛性となり、重切削や強断続加工にも対応。
・インサート材種はPVDコーティング材種JC7560およびJC8118に加え、耐欠損性に優れた母材と耐摩耗性の高い被膜を組み合わせた汎用性の高いPVDコーティング材種JC8050を追加ラインナップ。JC8050は炭素鋼からプリハードン鋼、ステンレス鋼など幅広い被削材に対応。

<=前頁      次頁=>
NCnet